西宮市鞍掛町の『おだ整形外科リウマチクリニック』です。整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科。患者さんにとって納得のいく安全で効果のある治療法を、患者さんと一緒に考え治療していきます。最寄駅は阪神・西宮駅です。

骨粗鬆症治療

骨粗鬆症

このような骨折は 「 骨粗鬆症 」 が原因かもしれません

手首・肩・太ももの付根・腰

骨粗鬆症で臨床的に最も大きな問題となるのは骨折であり、骨粗鬆症は中高齢者における骨折の最大の原因疾患となっています。 椎体骨折や大腿骨近位部骨折は死亡リスクも増大し、寝たきりにもつながり、要介護者の患者本人だけでなく、その介護者である家族の負担や介護問題などの 社会負担を増大させる疾患のひとつでもあります。その骨粗鬆症治療の最大の目的は、骨の脆弱化を極力食い止め、その骨折リスクを低減することです。
当院では骨量や骨代謝マーカ―の検査を定期的に行って骨粗鬆症であるか、またはその危険性があるかをチェックします。 またその結果にあわせてどういう治療をしていくのかを患者さん個人にあった治療計画を作成し、適切にアドバイスします。
又、骨粗鬆症治療薬に関しては、骨折予防効果も高く、副作用の比較的少ない最近の骨粗鬆症の薬もとり入れておりますので、ご相談下さい。

健康な骨。骨粗鬆症の骨

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は骨が弱くなり、その結果、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨頸部骨折など転倒による骨折を引き起こします。
特に閉経後の女性では骨密度が急激に減ってしまうため、閉経前から骨密度を高めておくことが大切です。
まずは自分の骨密度を知ることから始めましょう。
骨密度は内服薬や注射薬により高めることができます。お薬で骨密度を高めると同時に、転倒を予防するための「体力づくり」と「住環境整備」も大切です。 当院では病院レベルで使用されている骨粗鬆症ガイドラインに準拠した腰椎・大腿骨骨密度測定機とリハビリテーションを通して、皆様の「健康な骨づくり」「転ばない身体づくり」のお手伝いをさせていただきます。

自分の身体の状態は、医者に任せるだけではなく、自分自身が十分に理解しておきたいもの。
日常の診療でも、皆さんの疑問にはわかりやすい説明を心がけておりますが、それだけでなく、病気を基本から知るためにスライドを用いてリウマチ教室や、骨粗鬆症教室なども企画します。 

高齢社会では、お年寄りのQOL(キュー・オー・エル=生活の質)が重要です。せっかく長生きをしても、寝たきりでは何にもなりません。元気にからだを動かし、いきいきとした生活を送ることを誰しも望みます。そのためには骨粗鬆症にならないようにすることが大切になってきます。

年を重ねることにより、どんな人でも骨の量は減ってきます。でもみんなが同じように減っていくのではありません。減りやすい体質や、生活のしかたが関係していますので、個人差が出てきます。まず、骨粗鬆症は女性に多くみられる病気です。
これは女性のほうがもともと骨が細いうえに、閉経によって骨をつくるもとになる女性ホルモンの分泌が減ることがあげられます。卵巣などの手術で人工的に閉経になっても同じです。
このほか、以下のような骨粗鬆症の危険因子があります。

(1)遺伝に関係するもの
(閉経の時期、痩せ型、家族歴)
(2)生活のしかたに関係するもの
(偏食、運動不足、アルコール・ コーヒーの多飲、喫煙、日光照射不足)
(3)病気に関係するもの
(胃切除、糖尿病、甲状腺機能亢進症、高カルシウム尿症、ステロイド剤(グルココルチコイド剤)投与、原発性副甲状腺機能亢進症、腎不全)

これらの中には避けられないものもありますが、できるだけ危険因子を減らしていくように心がけましょう。

骨粗鬆症 各臓器との関わり

骨粗鬆症 各臓器との関わり

検査について

骨粗鬆症は骨の量を測ることが検査の中心です。骨密度測定ともいわれます。測定機器には目的に応じていろいろな種類がありますが、いずれも苦痛を伴わず、短時間で安全に検査できます。また、骨折の有無を調べたり、他の病気と区別するためにX線検査もします。このほか他の病気が原因と疑われるときには、血液検査や、尿検査も行われます。骨粗鬆症の診断には問診も重要な手がかりとなります。
自分の病歴や生活習慣(食事内容や運動習慣など)を説明できるように、あらかじめ整理しておくとよいでしょう。 骨粗鬆症の検査結果にもとづく診断には、学会が定めた診断基準が使われています。

骨粗鬆症の治療薬にはどんなものがありますか?

老化によって減ってしまった骨を若いころのように戻す薬はありません。
しかし、最近では早期治療により、骨粗鬆症による骨折がかなり防げるようになりました。
現在使われている薬は、骨の吸収(骨が溶ける)を抑える薬、骨の形成(骨を作る)を助ける薬、吸収と形成の骨代謝を調節する薬の三つに大別できます。

骨の吸収を抑える薬
・女性ホルモン
女性ホルモンの分泌が減る閉経期の女性が対象で、更年期症状を改善し骨量の減少を抑える
・カルシトニン
骨量の減少を抑え、背中や腰の痛みをやわらげる
・ビスフォスフォネート
骨量を明らかに増加させ、骨折を予防する
・イプリフラボン
骨量の減少を抑える
・ラロキシフェン
骨量を増加させ、骨折を予防する

骨粗鬆症治療薬の種類と注意点

骨粗鬆症治療薬の種類と注意点

骨の形成を助ける薬
・ビタミンK2
骨量の減少を抑え、骨の形成を助ける
吸収と形成を調節する
・活性型ビタミンD3
腸からのカルシウムの吸収と骨の形成を助ける
・カルシウム剤
食事からカルシウムがじゅうぶんとれない場合、長期に服用すれば骨量減少の防止になる

クリニック情報

診療時間
午前診察
9:00~12:00
★リウマチ・エコー骨粗鬆症外来(完全予約制)
14:00~15:00
午後診察
16:00~19:00

休診日水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日

※受付は診察時間終了の30分前まで

(フーフ ハレバレ) 0798-22-8080

〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町 8-3 2階

  • JR「西宮駅」
    南口・阪神バス3番のりばから
  • 阪神「西宮駅」
    えびす口・南出口・阪神バス1番のりばから
  • 阪急「西宮北口駅」
    西口・阪神バス1番のりばから

各線のマリーナパーク「[西宮浜産業団地]行き」にご乗車いただき、「交通公園前」バス停で下車すぐ。

阪神高速は「西宮」、名神高速は「西宮インター」で降りられて国道43号線から札場筋を南下、臨港線交差点の角です(地図をご参照)
当院入居ビル南側の『タイムズ』、『三井のリパーク』で提携サービスをご利用いただけます。

各パーキング内の発券機で駐車券を発券の上、当院までお持ちください。

コロナ対策|詳しくはこちら

主な活動

年2回
高槻・茨木交互で
「高槻・茨木リウマチ健康教室」
をおこなっていました。

北摂リウマチ病診連携会
代表世話人
(2009年3月スタート~)

東北大震災
救護活動を行いました。

ブラックジャックセミナー
を行いました。

よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
PAGETOP
Copyright © 2020 おだ整形外科リウマチクリニック All Rights Reserved.