西宮市鞍掛町の『おだ整形外科リウマチクリニック』です。整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科。患者さんにとって納得のいく安全で効果のある治療法を、患者さんと一緒に考え治療していきます。最寄駅は阪神・西宮駅です。

診療内容

診療のこだわり

リウマチ専門医として関節リウマチを中心とした診断・治療を行います。
かつてはよい治療薬がなく、関節が変形しうごかなくなり、寝たきりになる可能性もあるイメージが強かった関節リウマチですが、現在はMTXなどの免疫抑制剤や生物学的製剤と呼ばれる治療薬の登場で関節を壊さない治療、日常生活を普通に営むことのできる治療が可能となってきました。
診察、レントゲン、採血、関節エコーを使った早期診断、最新の生物学的製剤を利用した治療方法の活用など、リウマチ専門医だからこそできる検査・診断・治療を行います。
関節の痛みや、「これはリウマチなの?」と不安がある方はお気軽にご相談ください。

整形外科の主な症状・疾患

  • 肩こり、腰痛、首の痛み、膝の痛み
  • しびれ、こわばりなどの知覚障害
  • 手足の変形、腫れ、運動障害、姿勢異常、歩行障害
  • 指のひっかかり
  • リウマチ、痛風、変形性関節症など関節の痛み・腫れ
  • 骨粗鬆症
  • 骨折・脱臼・捻挫・打撲などの外傷
  • スポーツ障害・スポーツ外傷
  • 擦り傷・切り傷

当院で行う治療・処置

  • 外傷(骨折・脱臼など)の診断、整復、治療
  • トリガーポイント注射
  • レントゲン検査、超音波(エコー)検査による診断
  • 骨粗鬆症検診・診断と治療
  • 理学療法(物理療法、電気治療、可動域訓練、歩行訓練なども含みます)
  • 運動療法・セルフケアの指導
  • 装具(コルセット・サポーター・足底板など)

当院で可能な検査

  • レントゲン
  • 骨塩定量(10〜15分で結果が出ます)
  • 採血 CBC CRP 生化学
    生化学は当日夕方から翌日には結果がでます。
    CBC CRPは10分程度でわかります。
    もし異常があればお電話で連絡させていただきます。
  • エコー:関節リウマチの早期診断や治療効果判定
        四肢軟部腫瘍の質的診断、靭帯・腱 断裂
  • 血圧脈波:動脈硬化や血管の詰まりの程度が判定できます。

肩こり、頸部 腰痛 膝痛

当院では、首や肩、腰や関節などの慢性的な痛みに対する治療に力を入れています。

整形外科というと、骨折や脱臼、捻挫などの外傷の治療をイメージされる方も多いかと思います。もちろんその治療も行っておりますが、当院では特に、慢性的な痛みに対しての治療にも力を入れています。
肩こり、腰痛、ひざやひじ、股関節など関節痛、首の痛みなどでお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

トリガーポイント注射

「寝違えた!」「ぎっくり腰になった!」そんな時も、整形外科で治療できます。

整形外科であれば、トリガーポイント注射や、辛い痛みを抑えるお薬と、その痛みによってこわばっている筋肉をやわらかくするお薬を処方することができます。
患者さんが一番辛いと感じている痛みを速やかに止めることが、整形外科医の大切な使命と考えています。

エコーを使った診断 治療

エコーを使った診断治療

エコーは、この数年解像度が進み、腱・筋肉・靭帯の損傷、軟部腫瘤の状態の診断に役立てることができます。
特に関節リウマチなどの関節炎の場合、早期では採血やレントゲンでは判断できにくいことが多いのですが、エコーだと初期の関節炎の状態を把握できることがあり、診断と治療の開始の判断に大変役立っています。

またトリガーポイント注射や関節内注射においてもエコーを使用することでより確実に患部を観察できます。

エコーは整形外科における“聴診器”とも言われています。

ABI 血圧脈波による測定

ABI 血圧脈波による測定

血圧脈波検査装置 VaSera(バセラ)

測定項目は、
■CAVI(血管の硬さ)
■ABI(血管の詰まり)
■血管年齢
です。

ロコモティブシンドローム

運動器を長期間使い続けるための新しい概念「ロコモ」

日本は世界にさきがけて高齢社会を迎え平均寿命は約80歳になっています。これに伴い運動器の障害も増加しています。
入院して治療が必要となる運動器障害は50歳以降に多発しています。このことは多くの人にとって運動器を健康に保つことが難しいことを示しています。
多くの人々が、運動器をこれほど長期間使用し続ける時代は、これまでありませんでした。
長期間運動器を使い続ける新しい集団の出現です。従来の運動器機能障害対策の単なる延長線上では解決がつかない時代を迎えたことを意味します。
日本整形外科学会では、運動器の障害による移動機能の低下した状態を表す新しい言葉として「ロコモティブシンドローム(以下「ロコモ」)(locomotive syndrome)」を提唱し、和文は「運動器症候群」としました。

関節リウマチ

人のからだには、細菌やウイルスなどの外敵からからだを守るしくみ ( 免疫 ) があります。このしくみが異常を起こし、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃し、壊してしまうのがリウマチです。
こうした病気は“自己免疫疾患”とよばれ、体質的にかかりやすい人が何らかの原因によって発症すると考えられています。その原因は、まだよくわかっていませんが、細菌やウイルスの感染、過労やストレス、喫煙、出産やけがなどをきっかけに発症することがあります。
また、リウマチが家系内で発症することもありますが、一般にそれほど強い遺伝性はありません

運動器リハビリテーションとは

運動器とは、動くことに関わる骨・筋肉・関節・神経などを指します。運動器リハビリテーションとは、これらの運動器の機能が低下した状態、たとえば転倒などの外傷による骨折、骨が脆くなって起こる骨粗鬆症、軟骨がすり減った結果起こる変形性関節症のような関節が悪くなった状態、スポーツによる負荷が大きくなり疲労が溜まって起きる??スポーツ障害、また健康な方でも一度は経験したことがあるであろう腰痛から肩こりにいたるまで運動器が障害された時に行われます。

骨粗鬆症

骨粗鬆症ってどんな病気?

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、長年の生活習慣などにより骨の量が減ってスカスカになり、骨折をおこしやすくなっている状態、もしくは骨折をおこしてしまった状態のことをいいます。
私たちの骨は18歳ごろをピークに、年をとるごとに少しずつ減っていきますから、骨量の減少それ自体は生理的現象ともいえます。
そこで、骨量が2~3割も減り、骨の構造が弱くなって、その結果として骨折を起こしやすくなった状態ではじめて骨粗鬆症という病名がつくのです。
骨量の減少は、おもに骨の中のカルシウムの減少でもたらされるものです。寝たきりの原因の第1位が脳卒中、第2位が老衰、第3位が骨粗鬆症による骨折であることから、高齢社会が抱える問題の1つとなっています。

骨塩定量検査

骨粗鬆症

全身用X線骨密度測定装置
PRODIGY Fuga

X線骨密度測定装置

■DEXA法とは DEXA法とは、Dual Energy X-ray Absorptiometryの略で、2種の異なるエックス線を照射し、骨と軟部組織の吸収率の差で骨密度を測定する方法という意味です。被ばく量は極めて少なく、迅速かつ精度の高い測定ができ、骨密度測定の標準とされています。
■当院は腰椎と大腿骨頸部(足の付け根の部分)を測定します。 骨折を起こしやすい部位を直接測ることで、高い精度の骨密度が分かります。また腰椎と大腿骨頸部を測定すれば、他の部位の骨折リスクの評価もすることができます。当院では腰椎と大腿骨頸部の2ヶ所を骨密度測定し、評価をしています。検査時間は10分程度で、患者さんは検査着に着替えていただき、じっと寝ているだけの検査です。
■検査結果を患者さんにお渡ししています。 患者さんに検査の結果をお渡ししています。(検査結果の見方については、最後のページで簡単にご説明します。)

リハビリテーションとは

当院ではリハビリに力を入れております。骨・関節・筋肉の痛みは薬をのめば簡単に治るものではありません。多角的にアプローチすることが必要です。さらに痛い部分を動かさなくなると、筋肉が萎縮し関節も固まってしまいます。リハビリはこのような状態を作り出さないように、周囲の筋力を強化し血行を促進することによって、元の状態に戻していくことを目的としています。

多種多様なリハビリ機器

多種多様なリハビリ機器

微弱電流療法(マイクロカレント)療法

微弱電流療法(マイクロカレント)療法

・正常な細胞は、内側がマイナス、外側がプラスに荷電して内と外でバランスを保っています。しかし細胞がダメージを受けるとその箇所は細胞膜の外側もマイナスとなり血液の出入りが困難となります。そこでそれを解消するために正常な部分からプラス電流が流れてきてバランスを取ろうとします。この電流が損傷電流です。
・細胞が傷つくとATPという酵素が働きます。ATPには回復に必要な成分を細胞に送り込む働きがあります。微弱電流には老化や損傷した細胞にATPを増加、回復する働きを持っています。
・つまり微弱電流治療とは、生体が損傷が生じた際に損傷電流を人工的に作り外部から生体に流す電気刺激療法の一種であり、靭帯損傷、腱損傷、打撲傷、肉離れになどの軟部損傷の治癒促進に有効です。

微弱電流が組織修復を早める!

微弱電流はマイクロカレントとも呼ばれており、μA(マイクロアンペア)という電流を使用します。
一般に使用されている低周波治療器の電流はA(アンペア)であり、これはその1/100万の強さという非常に弱い電流になります。

微弱電流の主な作用は組織修復です。
もともと人間には生体電流とよばれる非常に弱い電流が流れていますが、組織が損傷するとそれを修復するために損傷電流と呼ばれるμAほどの電流が流れます。損傷電流が流れることで体内のミトコンドリアを活性化し、ATP(アデノシン三リン酸)の産生を促すことがわかっています。
また、ATPはタンパク質の合成を促し組織の再生を早めるとされており、微弱電流はこの損傷電流と同じような電流を流すことができるので組織の修復・回復を早めることができるとされています。

長時間の使用で効果は高まる!
微弱電流を流している間は損傷した組織の治癒を促進させるということから、微弱電流の使用時間は長ければ長いほど効果があるとされており、練習や試合終了後から翌日朝まで使用する方もいます。

高電圧治療

高電圧治療

・最大500Vの電圧で、深層筋の刺激が可能、瞬時に筋緊張が改善します。急性腰痛症、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、腱鞘炎、五十肩、肩こりに有効です。
・トリガーポイント注射が苦手な方に

超音波骨折治療

骨折治療の基本的な流れ
骨折治療は、ずれた骨を元の正しい位置に戻し固定します。固定後は骨が治ろうとする力で骨がくっつくのを待つというものです。

骨の治る力を助ける治療法ー超音波骨折治療法
超音波が骨を治ろうとする力をたかめることがわかり治療器として応用されています。治療は超音波が出る部分を皮膚の上から骨折した場所に1日20分当ててスイッチをいれるだけです。重大な副作用が生じたという報告はありません。
腕・脚・手・足の骨折で下記の患者さんに対して健康保険が適用になります。
骨折治療を目的とした手術を行った場合
骨折後3ヶ月以上治療しても治りにくい骨折の場合
治療費は3割負担のかたで手術を行った場合は13,860円、治りにくい骨折のかたは37,500円となります。詳しくはクリニックでご確認ください。

小児整形外科

  • 野球肘 野球肩 腰椎分離症
  • オスグッド病
  • 疲労骨折
  • シンスプリント
  • 腸骨剥離骨折

クリニック情報

診療時間
午前診察
9:00~12:00
★リウマチ・エコー骨粗鬆症外来(完全予約制)
14:00~15:00
午後診察
16:00~19:00

休診日水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日

※受付は診察時間終了の30分前まで

(フーフ ハレバレ) 0798-22-8080

〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町 8-3 2階

  • JR「西宮駅」
    南口・阪神バス3番のりばから
  • 阪神「西宮駅」
    えびす口・南出口・阪神バス1番のりばから
  • 阪急「西宮北口駅」
    西口・阪神バス1番のりばから

各線のマリーナパーク「[西宮浜産業団地]行き」にご乗車いただき、「交通公園前」バス停で下車すぐ。

阪神高速は「西宮」、名神高速は「西宮インター」で降りられて国道43号線から札場筋を南下、臨港線交差点の角です(地図をご参照)
当院入居ビル南側の『タイムズ』、『三井のリパーク』で提携サービスをご利用いただけます。

各パーキング内の発券機で駐車券を発券の上、当院までお持ちください。

コロナ対策|詳しくはこちら

主な活動

年2回
高槻・茨木交互で
「高槻・茨木リウマチ健康教室」
をおこなっていました。

北摂リウマチ病診連携会
代表世話人
(2009年3月スタート~)

東北大震災
救護活動を行いました。

ブラックジャックセミナー
を行いました。

よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
PAGETOP
Copyright © 2020 おだ整形外科リウマチクリニック All Rights Reserved.